ユーモアで政治を変えたアストリッド・リンドグレーン

歯医者 (Tandläkare) / 「事件」のニュース /ユーモアで政治を変えたアストリッド・リンドグレーン / ブレーキンゲの島
ブロムベリひろみ
2021.07.10
読者限定

歯医者 (Tandläkare)〈今週のフィーカ話〉

一大決心をしてインプラント治療の予約をとろうとした友人から「待ち時間16ヶ月っていわれた😱」とスウェーデンの医療システムの怪談を聞いて、コロナでまた一層医療の待ち時間がえらいことになってるな、と、しかしある意味他人事として耳にしたのもつかの間。(こちらは一年前のニュースだけど、今はこれより一層ひどくなっているはず)

swelog.miraioffice.com

今度は自分が歯にちょっと違和感を感じることに。前回の検診からちょうど1年位経ってるしそろそろ一度みてもらったほうがいいのではと、近くの地方自治体運営の歯科診療所に電話して、前回検診してもらっった歯科医の予約を取れないか聞いてみたら「歯が痛い、とか緊急の用件じゃないと予約は基本的にできない」と言われました。

「すぐに診てもらいたかったら緊急予約をとって。同じ歯医者になるかどうか約束はできないし、その場合は緊急料金が600クローナ(約7800円)上乗せになるけど。一回の診療につき1500から2000クローナ(約1万9千円〜2万6千円)の心つもりしていてね」とも。

虫歯になったりしていないか、ちょっとチェックしてほしいと思っただけなのに、最低でも軽く2万円かかるんですか😰 私がスウェーデンに引越してきてからも、なぜ歯医者はずっと日本でお世話になっていたのか、その理由を思い出しました。冒頭の友人は、16ヶ月はあんまりだとその後電話してみたら、キャンセル待ちが出たとかであっさりすぐに予約がとれたのもスウェーデンらしいといえば、スウェーデンらしい。

歯医者は早く診てもらうに越したことはないだろうから、ホンマにこの状況改善してほしい。ちなみに定期歯科検診のお知らせは今のところコロナで遅れすぎていて、一体どれくらい遅れていて、いつ次のお知らせが来るのかよくわからない状態のようでした。わー!、ですわ。

***

「事件」のニュース〈今週のニュース〉

今週は「事件」に関するニュースを多くブログでも取り上げました。swelogはニュースウォッチブログですが、いわゆる「事件」ものはこれまではあまり扱ってはおらず、ブログのカテゴリーでも、事件に関する記事は「暮らしの輪郭」という大きな括りのカテゴリーに入れていました。

しかし、今週のサイバー攻撃のニュースや刃物の殺傷事件に関するニュースに限らず、「事件」とその背景に関して書くことが以前より増えてきたように思い、今週「事件」というカテゴリーを新しく作りました。

「事件」の詳細をメインに書くことはこれからもしないと思いますが、金曜日にはまたあちらこちらで発砲事件があったりもしたし、「事件」と切り離して今のスウェーデンを考えることはできないのも事実です。このカテゴリーの中でどのようなブログ記事を私は書いていくのか、自分自身よくわかっていませんが、まずは「事件」をもう少し正面から考えていくことにしました。

swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com

「事件」以外では、今回の一連の首相不信任から再任命の騒ぎの中で、ちょっと目立ったわが道をいく女性議員たちのことと、(事件報道に疲れた私の、いわゆる一種の現実逃避?)加熱する伝書鳩レースビジネスと、国王と首相をおちょくる人気のミームの話で終わった1週間でした。

swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com

こんな感じでswelog weekendでは、毎日更新しているブログswelog(スウェログ)で取り上げたニュース記事を一週間分まとめて、日曜日にニュースレターとしてメールでお送りしています。おもしろそうと思っていただければ、ぜひ下記の「無料購読する」からご登録ください。

***

ユーモアで政治を変えたアストリッド・リンドグレーン〈今週のテーマ〉

最近の政治批判にはユーモアが足りない

上のミームの話ではないですが、市井の民は直接世の中を変えることはできなくてもおちょくることで大変な状況も笑い飛ばせるし、特には何かが少し変わることもある。昭和の大阪で生まれ育った私は「責任者でてこーい!」と時事ニュースにちゃちゃをいれていた漫才師の人生幸朗さんをよく覚えてます(へんな困ったおじいちゃんだったけど、権力者に正面きって物申せなくても、おちょくることはできることを教えてもらいました)。

近年のSNSの普及で、誰もが今の世の中で起こっていることを簡単に批判したりディスったりすることができるようになったけれど、みんなユーモアがちょっとたりまへんで! と思いませんか? ユーモアは人々の心により響くし、時には大きく人を動かすのに。そして閉塞した社会の息抜きにもなる。

「モニスマニエン国のポンペリポッサ」で税制をおちょくる

北欧通の人が多いだろうと私が勝手に推測するこのニュースレターの購読者の皆さんの中には、アストリッド・リンドグレーンが「モニスマニエン国のポンペリポッサ」という物語を発表してスウェーデンの税制を風刺し、その税制も改正し、そして当時40年に渡って政権を担当していた社会民主党政権を倒してしまうほどの影響力を持つことになった、と、どこかで読まれた方も多いのではないでしょうか。

税制改正にとどまらず、人権や原発や動物愛護の問題など、様々な領域でオピニオンリーダーとしても活躍したリンドグレーン。税制を批判したと聞くとずいぶんと真面目な感じですが、当時の人はタブロイド紙に発表されたこの「モニスマニエン国のポンペリポッサ」というタイトルを聞いただけでふふふ、と微笑まずにはいられなかったと思います。

(下記はこの物語が発表された1976年3月10日を「女性の歴史」の記念日のひとつとして伝えるツイッターアカウントです)

問題にはユーモアで切り込むリンドグレーン

まずは「モニスマニエン国のポンペリポッサ」の物語と、なぜそのタイトルだけでも当時の人の笑いを誘ったのかをみていきましょう。

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする
ニュースとジェンダー
夏の雑誌 / 五輪と気候でモヤモヤ / ニュースとジェンダー / グースベリー
読者限定
投資されない女たち
ジャンク断ち(食べ物とSNS) / 異常気象が通常に? / 投資されない女たち / minú・ヴィーガンスイーツとヴィー...
読者限定
国の評判、悪評判
夏休み (Semester) / 警官銃殺事件で二歩下がる / 国の評判、悪評判 / 『こどもサピエンス史』『コミ...
誰でも
オンブズマンにまつわる誤解
いちご(Jordgubbar) / 首相への不信任決議から解散選挙か? / オンブズマンにまつわる誤解 / 地コンブチャ...
誰でも
ポルノと性教育
外食(Äta ute) / 首相への不信任案 / ポルノと性教育/ ヴェロニカ・マッジオ
読者限定
nr10. 政治家って短期集中型でいいんじゃないか?
さて、今週はスウェーデンの「政治家」について思っていることを書いてみたいと思います。日本とスウェーデンでは状況も違うし、...
誰でも
nr9. 女性と年金・スウェーデンの場合
先日父が他界して、一人で暮らすことになった母の生活に触れ、改めて高齢者の生活を支える「年金」について思いを馳せる機会を得...
読者限定
nr8. スウェーデンのカルバアドヒュース・ベスト10
長引くコロナ生活で、私のカルバアドヒュース・寒冷浴場活動(人呼んで「カル活」😅)も長らく封印されていましたが、今週はあち...
読者限定