イングマール・ベリマンの戦争映画

イングマール・ベリマンが唯一社会問題を扱おうとした映画で、また戦争の恐ろしさを戦闘や爆撃のシーンでも表現した彼の作品の中でも異色の『(ベルイマン監督の)恥』が、ウクライナの戦争の影響か、ルンドの映画館で上映されていたので観てきた
ブロムベリひろみ 2022.07.17
読者限定

この記事は無料で続きを読めます

続きは、9775文字あります。
  • イングマール・ベリマンの戦争映画
  • 拍車のかかるカーボンバブルはいつ崩壊する?
  • H&Mが投資するネット中古衣料売買代行のSellpyはどこまで伸びるか
  • 3Dプリンターの自家製銃器と「安全な社会」
  • 泳げない子は誰?
  • スウェーデンでも伸びるフェムテック(といけてない従来診療)
  • 「正気を失ったパイロット」と「非礼なSAS」。乗客への補償は不明

すでに登録された方はこちらからログイン

この冬は何が違う?(コロナの話)
読者限定
「スウェーデン映画」の今とこれから
読者限定
社会の中の老いと病
読者限定
オーガニック食品の今
読者限定
もうひとつの薪問題
読者限定
国民的文化作品リストは必要か?
読者限定
アシタノオフィス
読者限定
スウェーデン歴代1位の映画はこれ! 映画ランキングと世相
読者限定