イングマール・ベリマンの戦争映画

イングマール・ベリマンが唯一社会問題を扱おうとした映画で、また戦争の恐ろしさを戦闘や爆撃のシーンでも表現した彼の作品の中でも異色の『(ベルイマン監督の)恥』が、ウクライナの戦争の影響か、ルンドの映画館で上映されていたので観てきた
ブロムベリひろみ 2022.07.17
読者限定

この記事は無料で続きを読めます

続きは、9775文字あります。
  • イングマール・ベリマンの戦争映画
  • 拍車のかかるカーボンバブルはいつ崩壊する?
  • H&Mが投資するネット中古衣料売買代行のSellpyはどこまで伸びるか
  • 3Dプリンターの自家製銃器と「安全な社会」
  • 泳げない子は誰?
  • スウェーデンでも伸びるフェムテック(といけてない従来診療)
  • 「正気を失ったパイロット」と「非礼なSAS」。乗客への補償は不明

すでに登録された方はこちらからログイン

これからの労働市場とその給与額
読者限定
移民状況最前線
読者限定
子どもの性別適合新法案の件
読者限定
2022年のイケアミュージアム体験
読者限定
NATOと軍需産業
読者限定
スクロールしない夏
読者限定
インフレと賃金
読者限定
子どもを取り込む犯罪組織
読者限定