スウェーデンではフランスのような年金改革反対デモやストライキがない理由

この春、産業界系の労働組合連合が雇用者側連盟と今後2年間で7.4%の賃上げに合意したことを取り上げた記事では、スウェーデンではいかにストライキが少ないかにも言及していた。今フランスでは年金給付年齢引き上げ問題で激しいデモが繰り広げられているけれど、給付開始が67歳(!)になるかもしれないスウェーデンで、なぜ同様のデモなどがないかを社会学者が解説してた。
ブロムベリひろみ 2023.04.09
読者限定
北欧通信 103

北欧通信 103

この記事は無料で続きを読めます

続きは、7635文字あります。
  • スウェーデンではフランスのような年金改革反対デモがない理由
  • 修理・修繕に関する消費税率を今引き上げるなんて、政府はアホなのか?
  • 寒いけど、春の訪れは30年前と比べて3週間ほど早くなった
  • スウェーデンの電力企業、原子力発電所の80年稼働の可能性を楽観視。2030年代前半のSMRも具体的な事前調査へ
  • 「国勢調査」か? 抑圧的尋問か?
  • スウェーデンも続けと妄想する、電動キックボードレンタル禁止のパリの住民投票の結果
  • フィンランドの選挙結果で落ち込まないために

すでに登録された方はこちら

読者限定
エル連載・新記事のお知らせと最近のニュースについて
誰でも
今月のエル連載コラムが公開されました
読者限定
株主総会 新潮流 / 欧州議会とペトロポピュリズム
読者限定
2024年夏にまたお会いしましょう!
読者限定
破産したHövding 革新的な製品と特許の関係
読者限定
白樺からゴム
読者限定
減り続ける女性経営陣と、H&Mの今
読者限定
無人スーパー、無人図書館、無人ジム