番外号・息と言葉の特別な一週間

今週は、2021年4月19日〜24日のswelogのスウェーデンのニュース記事と、この一週間のごく個人的な書き付けをお送りします。
ブロムベリひろみ
2021.04.25
読者限定

この一週間は、私には特別な一週間でした。

スウェーデンを出てから今日で早くも2週間。毎朝毎晩のニュース番組からも毎夕の義母とのビデオ会話からも遠く離れた京都の実家で過ごしていると、スウェーデンで起こっていることは、まさに異国の出来事。

そんな中でもスウェーデンの公共放送SVTのニュースサイトに目をやると、毎日様々なニュースがアップされています。中でも私の印象に残ったのは「空港がなくなる」ニュースでした。

2021年4月19日〜4月24日のニュース

swelog.miraioffice.com

ニュースの主役は80余年の歴史を誇るストックホルム郊外のブロッマ空港。より大規模でより郊外にあるアーランダ国際空港があるので、ブロッマ空港の存在意義はこれまでも何度も議論されてきましたが、昨年からのコロナ禍の影響でついには空港の運営会社がブロッマ空港は経済的にも成り立たないと年次報告にまとめました。

そして、それを受ける形でスウェーデン政府がブロッマ空港閉鎖を具体的に検討する特別委員会を設立することを決めた、というのがニュースの主な内容です。

ブロッマ空港はなんといっても市内に近く、利便性に優れています。またスウェーデンの国内線の拠点でもあり、人気の観光地であるゴットランドへの便は、ゴットランドの観光経済にとっては重要なインフラであり、また南欧などへの多くのチャーター旅行便も飛んでいます。

しかし気候危機の今、近距離移動に航空機を使うことの是非の議論も大事です。また、ブログで取り上げた第一報のニュースの後、ゴットランドを始めスウェーデンの地方経済側から空港閉鎖計画反対の強い意見も続出しており、議論は今後ますます熱を帯びていきそうです。

そう言えば2000年くらいまではコンコルドという超音速旅客機も飛んでいました。原子力発電所はこの先どうなるのでしょう? これまでの経済が創り出してきたインフラのうち、この先、何がどれくらい私たちの暮らしから消えていくのでしょうか? とか考えていたら、突然ローマ時代の水道橋のことを思い出しました。

さて、これ以外のニュースのラインナップはこんな感じでした。

swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com

 息と言葉の特別な一週間

一方、京都の実家では、私は今も帰国後14日間の隔離の最中で、窓の外を流れる疎水の新緑を眺めながら、ずっと見つめ続けていたのは呼吸、息。考え続けていたのはそれにまつわる言葉でした。

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする
nr10. スウェーデンの「政治家」
10号を記念してニュースレターの構成を少し変更して「今週のフィーカ話」と「今週の推し」のコーナーを作りました。メインテー...
誰でも
nr9. 女性と年金・スウェーデンの場合
先日父が他界して、一人で暮らすことになった母の生活に触れ、改めて高齢者の生活を支える「年金」について思いを馳せる機会を得...
読者限定
nr8. スウェーデンのカルバアドヒュース・ベスト10
長引くコロナ生活で、私のカルバアドヒュース・寒冷浴場活動(人呼んで「カル活」😅)も長らく封印されていましたが、今週はあち...
読者限定
nr7. 「Colive」はスウェーデンの若者の住み方と賃貸市場を変え...
肌で感じる住宅問題と言えば、日本では空き家、そしてスウェーデンでは若者向けの賃貸住宅市場の貧弱さだ。その賃貸市場のあり方...
誰でも
nr6. 競泳選手と生理の赤い血。タブーをやぶるスウェーデンの水泳クラ...
女性アスリートや運動選手の日常にも毎月やってくる生理はつきもの。なのに対外的にはまるで生理なんてないかのようにに行動を強...
読者限定
nr5. 声がつくる未来。Voice-only-networks
スウェーデンではClubhouseの勢いが思ったほどでもなく、一方Youtubeで圧倒的な人気を誇るスウェーデンのトップ...
読者限定
nr4. ニュースレターSubstackバブルは本物か? スウェーデン...
今もYouTuberやインスタグラムのインフルエンサーの人気は衰えないが、ニュースレターやポッドキャストで稼ぐ新しいタイ...
読者限定
nr3. 「女性が所有する社会」を目指すスウェーデンのOwnershi...
だぶつく投資マネー、リスクキャピタルは実は名ばかり「リスク」キャピタルで、投資する側はそれほどのリスクはとらずにいつも自...
読者限定