番外号・息と言葉の特別な一週間

今週は、2021年4月19日〜24日のswelogのスウェーデンのニュース記事と、この一週間のごく個人的な書き付けをお送りします。
ブロムベリひろみ
2021.04.25
読者限定

この一週間は、私には特別な一週間でした。

スウェーデンを出てから今日で早くも2週間。毎朝毎晩のニュース番組からも毎夕の義母とのビデオ会話からも遠く離れた京都の実家で過ごしていると、スウェーデンで起こっていることは、まさに異国の出来事。

そんな中でもスウェーデンの公共放送SVTのニュースサイトに目をやると、毎日様々なニュースがアップされています。中でも私の印象に残ったのは「空港がなくなる」ニュースでした。

2021年4月19日〜4月24日のニュース

swelog.miraioffice.com

ニュースの主役は80余年の歴史を誇るストックホルム郊外のブロッマ空港。より大規模でより郊外にあるアーランダ国際空港があるので、ブロッマ空港の存在意義はこれまでも何度も議論されてきましたが、昨年からのコロナ禍の影響でついには空港の運営会社がブロッマ空港は経済的にも成り立たないと年次報告にまとめました。

そして、それを受ける形でスウェーデン政府がブロッマ空港閉鎖を具体的に検討する特別委員会を設立することを決めた、というのがニュースの主な内容です。

ブロッマ空港はなんといっても市内に近く、利便性に優れています。またスウェーデンの国内線の拠点でもあり、人気の観光地であるゴットランドへの便は、ゴットランドの観光経済にとっては重要なインフラであり、また南欧などへの多くのチャーター旅行便も飛んでいます。

しかし気候危機の今、近距離移動に航空機を使うことの是非の議論も大事です。また、ブログで取り上げた第一報のニュースの後、ゴットランドを始めスウェーデンの地方経済側から空港閉鎖計画反対の強い意見も続出しており、議論は今後ますます熱を帯びていきそうです。

そう言えば2000年くらいまではコンコルドという超音速旅客機も飛んでいました。原子力発電所はこの先どうなるのでしょう? これまでの経済が創り出してきたインフラのうち、この先、何がどれくらい私たちの暮らしから消えていくのでしょうか? とか考えていたら、突然ローマ時代の水道橋のことを思い出しました。

さて、これ以外のニュースのラインナップはこんな感じでした。

swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com

 息と言葉の特別な一週間

一方、京都の実家では、私は今も帰国後14日間の隔離の最中で、窓の外を流れる疎水の新緑を眺めながら、ずっと見つめ続けていたのは呼吸、息。考え続けていたのはそれにまつわる言葉でした。

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする
フェムウォッシング Femwashing
最近ちょくちょく耳にする「グリーンウォッシュ」や「SDGsウォッシュ」。では、女性に寄り添うようなメッセージを出しながら...
誰でも
国営酒屋の責任あるワイン調達
安すぎる洋服、安すぎるコーヒー、安すぎる雑貨。あなたが楽しく買い物しているお店では、倫理的かつ責任のあるやり方で原材料の...
誰でも
等身大のザラ・ラーソン POPスターのメンタルヘルス
卓越したアーティストであるだけでなく、世代をリードするフェミニストとして、時には炎上する数々の発言でも世界中の注目を集め...
誰でも
世論調査と投票率
奇しくもスウェーデンでも日本でも、在任中の首相が立て続けに辞任を表明。スウェーデンでは1年後の全国統一選挙に向けて、すで...
誰でも
北欧女性創業者スタートアップ3選
スウェーデンのスタートアップへ流れる投資マネーのうち、女性が創業した会社に投資されるのはたったの1%ということを以前レポ...
誰でも
スウェーデンの民主主義とアフガニスタン
今、スウェーデンでは「民主主義の100年を祝う!」という「女性が参政権を得て投票できるようになり、それに合わせて女性の国...
誰でも
女々しい発明
今週は「女々しい発明」。優れたアイディアであっても「女々しい」とされてしまい、なかなか世に出なかった技術や発明があります...
誰でも
The Swedish Family
広告なしの新聞の値段 / 戻りつつある日常 / The Swedish Family - ユーチューバー家族の稼ぎ方 /...
誰でも