nr7. スウェーデンの賃貸市場

肌で感じる住宅問題と言えば、日本では空き家、そしてスウェーデンでは若者向けの賃貸住宅市場の貧弱さだ。その賃貸市場のあり方を変え、この先の5年間で7千人へ賃貸物件を届けるとのミッションを掲げるのが、不動産業界からではなくスタートアップ業界から攻めている「Colive」。スウェーデンで新しいコ・リビングの形が根付くには何が必要となりそうか? Coliveに画期的な策略はあるのか? を探ってみました。
ブロムベリひろみ
2021.05.23
読者限定

4月から5月の最も季節の動く時期に、5週間もルンドを離れて戻ってきたら、いやー、新緑がうるさい🌿

桜とマグノリアとライラックと林檎が咲いていて、あれ、この花たちはみんな同じような時期に咲くのだったっけ? と考え込む始末。京都では私が出たすぐ後にもう梅雨が始まったそうだし、移動のせいなのか温暖化のせいなのか、季節の移り変わりについていくのにちょっと混乱しています。

2021年5月17日〜5月22日のニュース

そんな感じで過ごした今週も、偶然ながら取り上げたニュースの中でLGBTQ関連のものが2つ。

swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com

ホルモン治療の議論の方は極めて難しい問題だなと思いましたが、医療情報提供サイトでも必要のないところでは「男性」「女性」の表記をやめて「人」などのニュートラルな表現にとっくの前から取り組んでいたというのは、スウェーデンやな! とちょっとびっくり。「妊娠している人」という表記を用いて、ここでも「女性」という特定語をなるだけ使わないというのは徹底しているなと思いました。

こういうニュースを目にしたすぐ後に、LGBTQの人たちをまったく理解しない日本の一部の国会議員の発言とかを読むと、本当に悲しくなるというか、呆然とします。でも先週のニュースにあったように、50年前のスウェーデンでも同性愛者を改心させる治療が行われていたことを考えれば、日本もきっとこれから変わるはず。嘆くばかりではいけない、と自分を自分で励ましたりする毎日でもあります。

このLGBTQの関連の2つのニュース以外は、あまり共通点のないバラバラな話題でしたが、コロナ検査が不備で入国できなかった人はどれくらいいて、その人たちはどうなるんだろう? と気になっていたので、それを伝えてくれていた昨日のニュースは読んですっきりしました。

swelog.miraioffice.com

後は、(おそらくはギャング団による)大規模放火事件、オンラインカジノのようになってしまっている株式市場、安定の?テグネル記者会見、とおなじみのニュース?が並んだ感じですね。

swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com

 このswelog weekendではこのように毎日更新するブログで紹介したニュース記事を一週間分まとめてメールでお送りしています。おもしろそうと思っていただければぜひ無料の購読者登録をどうぞ!

今週のテーマ・「Colive」はスウェーデンの若者の住み方と賃貸市場を変えるか?

さて、今週はスウェーデンの賃貸住宅の話を取り上げます。

日本からスウェーデンに引っ越してこようとする人が、まずいちばん最初にびっくりするのは「すぐに借りれる賃貸住宅がない」ってことではないでしょうか? 市町村などの自治体は質がよく価格も比較的抑えられた賃貸公営住宅を提供していますが、入居希望者が多すぎて、何年も(時には何十年も!)待たないといけないことが多く、簡単に入居できるようなものではありません。

たとえば今ストックホルムでは66万人が公営住宅への入居希望の列に並んでおり、さらに毎年希望者は4万人ずつ増えています。もう大都市では希望する公営住宅に住む権利が回ってくるなんて宝くじより難しそう。

個人の利益や投機目的で不動産を所有することに一定の規制もあるのか?、日本のように賃貸物件がたくさんあるわけではなく、特にまだ生活も落ち着いていないし、不動産を買おうとまでは思わない、かといって学生でもない若い社会人は、住むところを探すのが本当に大変です。短期間で不安定な「又貸し契約」で住むところをなんとか確保している人も多いのが現実。

コレクティブからコ・リビングへ

ここまで需要と供給の関係がずれていたのに、これまではこれといった解決策はなかったこの問題に、1970年代に流行ったスウェーデン語で「コレクティブ」と呼ばれる共同生活スタイルを、現代風にアップデートしてソリューションを提供しようとしているのが、Coliveです。

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする
ニュースとジェンダー
夏の雑誌 / 五輪と気候でモヤモヤ / ニュースとジェンダー / グースベリー
読者限定
投資されない女たち
ジャンク断ち(食べ物とSNS) / 異常気象が通常に? / 投資されない女たち / minú・ヴィーガンスイーツとヴィー...
読者限定
ユーモアで政治を変えたアストリッド・リンドグレーン
歯医者 (Tandläkare) / 「事件」のニュース /ユーモアで政治を変えたアストリッド・リンドグレーン / ブ...
読者限定
国の評判、悪評判
夏休み (Semester) / 警官銃殺事件で二歩下がる / 国の評判、悪評判 / 『こどもサピエンス史』『コミ...
誰でも
オンブズマンにまつわる誤解
いちご(Jordgubbar) / 首相への不信任決議から解散選挙か? / オンブズマンにまつわる誤解 / 地コンブチャ...
誰でも
ポルノと性教育
外食(Äta ute) / 首相への不信任案 / ポルノと性教育/ ヴェロニカ・マッジオ
読者限定
nr10. 政治家って短期集中型でいいんじゃないか?
さて、今週はスウェーデンの「政治家」について思っていることを書いてみたいと思います。日本とスウェーデンでは状況も違うし、...
誰でも
nr9. 女性と年金・スウェーデンの場合
先日父が他界して、一人で暮らすことになった母の生活に触れ、改めて高齢者の生活を支える「年金」について思いを馳せる機会を得...
読者限定