これからの労働市場とその給与額

スウェーデンでは国家統計庁も各業種別労働組合も、かなり細かい給与統計をとっているので、自分と同様の仕事をしている人がどれくらい稼いでいるかがわかって、これを会社側との給与交渉などに使うことができる。また、雇用サービス庁はこれからどの業界で人手がどれくらい必要になるかの需要予測を常に更新している。この情報をかけ合わせた記事を目にした
ブロムベリひろみ 2022.08.14
読者限定

この記事は無料で続きを読めます

続きは、8670文字あります。
  • これからの労働市場とその給与額
  • コロナの入院患者が増えている理由と、5度、4度目のワクチン接種
  • 子どものメンタルヘルス問題を引き起こす親のタイプはこれ
  • グレタ・トゥーンベリと43万人の新有権者
  • スウェーデンと「超加工食品」
  • スウェーデン軍がウクライナ人の軍事訓練へ
  • 出生率減少は一時的な傾向か?

すでに登録された方はこちらからログイン

銃撃事件と社会に蔓延するドラッグ問題は、「恥」で解決できるのか?
読者限定
高齢者施設での性生活を考える
読者限定
名もなき家事、を再考する
読者限定
北欧通信 2023 (swelog weekend改め)
読者限定
どこへ向かうスウェーデン
誰でも
寒冷浴の季節
読者限定
ギャング団と犯罪小説
誰でも
この冬は何が違う?(コロナの話)
読者限定