2030年のイケア

気候変動、パンデミック、そして戦争。世界で製品の製造と販売を行うイケアは、ここ数年何度もチャレンジに直面したが、今は2030年に達成すべき目標に向かって邁進している。その目標とは、2030年には30億人の顧客を獲得し、気候ニュートラルな企業になること。現在のイケアを率いるのは、25年前にイケアの倉庫からキャリアを始めた49歳のグループCEOだ
ブロムベリひろみ 2023.11.26
読者限定
北欧通信 128

北欧通信 128

この記事は無料で続きを読めます

続きは、9053文字あります。
  • 2030年のイケア
  • 気候アクティビズムに関する歴史的判決?
  • 安全性より強欲さが勝つ・Open AI騒動の影で解任された二人の女性取締役
  • インタビューに応じない権力者が増えている
  • へその緒を切るタイミングに関するスウェーデンの研究が未熟児を救う
  • スウェーデン最大の環境スキャンダル・カリンゲのPFAS
  • すっぽんぽんの話題2題。カレンダーと写真展

すでに登録された方はこちら

読者限定
白樺からゴム
読者限定
減り続ける女性経営陣と、H&Mの今
読者限定
無人スーパー、無人図書館、無人ジム
読者限定
スウェーデンの小さな村は、どのように"三方よし"の訪問介護サービスを提...
読者限定
子どものためのスポーツ用品無償貸出「レジャーバンク」
読者限定
ハマーショルド
読者限定
ゲームの世界で右翼過激主義が広がる仕組み
読者限定
今こそ『ファクトフルネス』。世界でよくなったこと