インフレと賃金

ここ数ヶ月でスウェーデン経済はすっかり様変わりしてしまった。スウェーデンは30年来のインフレで食品の価格はこの1年でほぼ9%上昇した。住宅ローンに光熱費も直撃されているし、それにやっとコロナからの開放感でいっぱいなのに、レストランもホテルの価格も上がるばかり。この先賃金は上がるのだろうか?
ブロムベリひろみ 2022.06.26
読者限定

この記事は無料で続きを読めます

続きは、9459文字あります。
  • インフレと賃金
  • すべてが悪い方向に向かっている時に悲観主義は役立つのだろうか?
  • Hövding、頑張れ!
  • 健康格差の解消はそんなに簡単なことじゃない
  • 広がった男女間賃金格差
  • 除草剤がエコな家庭菜園へ混入して作物を打撃
  • 人々はなぜ事実から目をそらし、環境党を毛嫌いするのか

すでに登録された方はこちらからログイン

この冬は何が違う?(コロナの話)
読者限定
「スウェーデン映画」の今とこれから
読者限定
社会の中の老いと病
読者限定
オーガニック食品の今
読者限定
もうひとつの薪問題
読者限定
国民的文化作品リストは必要か?
読者限定
アシタノオフィス
読者限定
スウェーデン歴代1位の映画はこれ! 映画ランキングと世相
読者限定