ゲームの世界で右翼過激主義が広がる仕組み

スウェーデンのインターネット財団の調べによると、この国の12歳から19歳の10人に9人は過去1年間に何らかの形でビデオゲームで遊んだことがある。多くの子供たちにとって楽しく、友情を育む大切なものでもあるゲームは、同時に右翼過激主義者などに悪用されてもきた
ブロムベリひろみ 2023.12.17
読者限定
北欧通信 131

北欧通信 131

この記事は無料で続きを読めます

続きは、7530文字あります。
  • ゲームの世界で右翼過激主義が広がる仕組み
  • 環境に配慮された「本当に欲しいモノ」を実現する女性起業家たち 【スウェーデン発 みんなと地球の“ラーゴム”なくらし vol.27】
  • 森からのスーパー素材・リグニンでつくる日焼け止め
  • 北欧各国に広がるテスラへの同調ストライキ
  • 今年のクリスマスのヤギを襲った思わぬ災難
  • PISAの結果でお嘆きの皆さまへ・先生の給与を上げよ!
  • 大人のための子どもニュース
  • 科学と文学と平和への敬意が失落した時代のノーベル賞を思う

すでに登録された方はこちら

読者限定
白樺からゴム
読者限定
減り続ける女性経営陣と、H&Mの今
読者限定
無人スーパー、無人図書館、無人ジム
読者限定
スウェーデンの小さな村は、どのように"三方よし"の訪問介護サービスを提...
読者限定
子どものためのスポーツ用品無償貸出「レジャーバンク」
読者限定
ハマーショルド
読者限定
今こそ『ファクトフルネス』。世界でよくなったこと
読者限定
インフルエンサー必殺監視人