綱を引く

スウェーデンはジェンダー平等が進んでいる、環境問題への意識が高いとこれまで評価されてきたし、私も「スウェーデンの三百六十五歩のマーチを紹介したい」として、時には二歩下がることがあってもスウェーデンは前進していくというイメージをブログの説明として使ってきた。しかし最近思うのは、今、起きてるのはマーチの前進や後進ではないなということ。世界は綱引きで動いている、と考えた方がしっくりくる
ブロムベリひろみ 2023.04.16
読者限定
北欧通信 104

北欧通信 104

この記事は無料で続きを読めます

続きは、8763文字あります。
  • 綱を引く
  • 後々まで続く仕事上のストレスの影響。そして自己裁量権
  • 消防士が大量辞職もありうる、とデモを行う理由
  • なんのためにレジ袋税を廃止するのだろう
  • 中国系企業の安全保障上のリスクについて再び。
  • 食品価格の高騰で高まる家庭栽培への関心
  • オランダの自転車野郎たちが阻止するプライベートジェット

すでに登録された方はこちら

読者限定
株主総会 新潮流 / 欧州議会とペトロポピュリズム
読者限定
2024年夏にまたお会いしましょう!
読者限定
破産したHövding 革新的な製品と特許の関係
読者限定
白樺からゴム
読者限定
減り続ける女性経営陣と、H&Mの今
読者限定
無人スーパー、無人図書館、無人ジム
読者限定
スウェーデンの小さな村は、どのように"三方よし"の訪問介護サービスを提...
読者限定
子どものためのスポーツ用品無償貸出「レジャーバンク」