これからの自転車通勤

最寄りの駅までは自転車を使ったり、また近くに仕事場のある運のよい人には、日本でもお馴染みの自転車通勤。私の住むスウェーデンの小さな街でも、市内の移動には自転車を使う人は多い。今、このあたりの自治体が力を入れているのが「スーパーサイクルロード」構想。これまで自動車での移動が大半だった、郊外からの通勤者のための自転車の高速道路整備計画だ。
ブロムベリひろみ 2022.01.30
読者限定

swelog weekend nr 43

〈今週のトピック〉 これからの自転車通勤 
〈今週のブログ記事〉オミクロンとセムラの日々
〈今週のスウェ推し〉ベルイマンを超える映画監督、ヤン・トロエル 

***

これからの自転車通勤〈今週のトピック〉

スウェーデンに引越してきて、毎朝、毎夕20キロメートルもの距離を、自転車を漕いで通勤する人がいることを初めて知った時には、腰を抜かすほど驚いた。最近は、朝、職場でシャワーを浴びたばかりらしい、やけにすっきりした同僚に会って、その人が早朝の会議の前に既に15キロも自転車に乗ってきたと知っても(そして、その日が仮に土砂降りの日であったりしても)あまり驚かなくなってきた。

自転車通勤を選ぶ人にとっては、どうせしないといけない移動の時間に体も使えるし、環境にもいいなどいいことばかり。公共交通機関の時刻表に合わせる必要もなく、自分で自由に移動できる身軽さがたまらないという人も多い。コロナでますます自転車通勤の人気は高まり、スウェーデンは国として、自転車利用を増やすという目標もある。

***

swelog weekend」はスウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるswelogのブロムベリひろみが、深堀りしたいトピック記事をお届けするニュースレターです。一週間のブログ記事のまとめと、スウェーデンからお勧めしたいその週の「スウェ推し」紹介と共に日曜日に配信しています。登録は下の「無料購読する」ボタンからどうぞ。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4492文字あります。
  • オミクロンとセムラの日々〈今週のブログ記事〉
  • ベルイマンを超える映画監督ヤン・トロエル〈今週のスウェ推し〉

すでに登録された方はこちらからログイン

スウェーデンの夏休みについてあなたが知らなかった7つのこと
読者限定
ステッケンヨックの雪の荒野街道
読者限定
大金持ちのパラダイス スウェーデン
読者限定
2022年春のルイジアナ美術館
読者限定
摂食障害と男性、ビーガン、遺伝子
読者限定
戦争の影の気候危機
読者限定
新規幹部採用は前期高齢者で
読者限定
人糞からプラスティック
読者限定