北欧各国でも異なる、中絶をめぐる法規と議論

一般的に社会民主主義的な価値観が浸透しており、リベラルなものの考え方をする人が多い北欧諸国だが、細かい政策をみていくと各国で違っていることもよくある。今回は中絶を取り巻く各国の現行法と、現在進行中の議論を紹介
ブロムベリひろみ 2023.11.05
読者限定
北欧通信 125

北欧通信 125

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5702文字あります。
  • 北欧各国でも異なる、中絶をめぐる法規と議論
  • 極右政党党首のAIによるアラビア語スピーチに間違いがあってもOKな理由
  • テロの脅威とバッグ持ち込み禁止令
  • Hövdingのニュース
  • テグネルによるコロナの総括。Z世代とコロナ

すでに登録された方はこちら

読者限定
LGBTQIのための権利運動の今と、スウェーデンでの欧州議会選挙の結果...
読者限定
エル連載・新記事のお知らせと最近のニュースについて
誰でも
今月のエル連載コラムが公開されました
読者限定
株主総会 新潮流 / 欧州議会とペトロポピュリズム
読者限定
2024年夏にまたお会いしましょう!
読者限定
破産したHövding 革新的な製品と特許の関係
読者限定
白樺からゴム
読者限定
減り続ける女性経営陣と、H&Mの今