無人スーパー、無人図書館、無人ジム

1日24時間、1年365日、行きたい時にはいつでも入ることができるが店員や職員がいるのは1日のうち数時間だけというタイプのお店や場所が増えている。無人スーパーはパンデミックを契機としてその後も増え続けているが、セキュリティや犯罪防止に関してはどうなっているのだろうか
ブロムベリひろみ 2024.01.28
読者限定

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6926文字あります。
  • 無人スーパー、無人図書館、無人ジム
  • スローランニング
  • 戦争とトイレ
  • スウェーデンのフォンド運用会社が、長引く労使闘争にテスラ株の売却も検討
  • ノイズキャンセリング・メガネ
  • ドーパミン断食:悪習慣を断ち切るための新しいアプローチ
  • 進化するハッカー攻撃

すでに登録された方はこちら

読者限定
白樺からゴム
読者限定
減り続ける女性経営陣と、H&Mの今
読者限定
スウェーデンの小さな村は、どのように"三方よし"の訪問介護サービスを提...
読者限定
子どものためのスポーツ用品無償貸出「レジャーバンク」
読者限定
ハマーショルド
読者限定
ゲームの世界で右翼過激主義が広がる仕組み
読者限定
今こそ『ファクトフルネス』。世界でよくなったこと
読者限定
インフルエンサー必殺監視人