高齢者施設での性生活を考える

ほほー、いかにもスウェーデンらしい話題だなーと思ったら、高齢者向け施設でのセックスやマスターベーションの話は実はスウェーデンでも今も結構タブーで、記事で取り上げられていたのは1年前からこの問題についてかなり先鋭的な取り組みを行っている施設での例だった。最初はスタッフからも懐疑的、否定的な声ばかりだったそうだが、この施設が直面した課題と、今入居者に提供している取り組みとは?
ブロムベリひろみ 2023.01.29
読者限定
北欧通信  93

北欧通信  93

この記事は無料で続きを読めます

続きは、8308文字あります。
  • 高齢者施設での性生活を考える
  • 10万人の車通勤者に2週間の電車バス定期券を無料で提供
  • 「スウェーデンの環境政策は間違っている」
  • コミューンが支払い先延ばし措置で、子ども世帯や高齢者を助ける
  • 渡らない渡り鳥
  • 沖縄とラップランド
  • 銃撃事件は詳細に報道するべきなのか?
  • 今週のスウェ勉とその周辺③

すでに登録された方はこちら

読者限定
LGBTQIのための権利運動の今と、スウェーデンでの欧州議会選挙の結果...
読者限定
エル連載・新記事のお知らせと最近のニュースについて
誰でも
今月のエル連載コラムが公開されました
読者限定
株主総会 新潮流 / 欧州議会とペトロポピュリズム
読者限定
2024年夏にまたお会いしましょう!
読者限定
破産したHövding 革新的な製品と特許の関係
読者限定
白樺からゴム
読者限定
減り続ける女性経営陣と、H&Mの今