nr2. パンデミックで変化したメディアとコンテンツ視聴

パンデミックでニュースの視聴や購読が増えたことは間違いないけれど、例えば通勤することが極端に減ったのこの一年で、ポッドキャストやオーディオブックへの接触状況はどう変わったのか? スウェーデンのメディア業界紙、Dagens Mediaの多数の記事からパンデミック化のメディア、コンテンツ接触状況をまとめてみました。
ブロムベリひろみ
2021.04.11
読者限定

初回のニュースレター、スウェーデンの個人情報の記事はいかがだったでしょうか? 

多くの方に読んでいただけて、また新しく購読を開始してくださった方もびっくりするほど多く、とても嬉しいスタートを切ることができました。ありがとうございます😍 

これからしばらくはランダムな話題とランダムな形で書いていきたいと考えていますので、こんな話題や構成がよかった、悪かったなど感想などいただれば嬉しいです。今日のレターの最後には、感想をいただくために新しく導入する仕組みもご紹介しますので、最後までよろしくお付き合いください♪

2021年4月4日〜4月10日のニュース記事

さて、今週のブログ記事は以下の6つでした。

土曜日にNHKや毎日新聞の記者の方もツイッターで話題にしていらしゃっていましたが、これからの報道は何を扱うにしろ気候危機問題から独立した形では行うことはできない。

その意味で、スウェーデン人の半数がアクセスする超人気のネットサイトを持つタブロイド紙、アフトンブラーデットが、環境学で国際的な第一人者として活躍するヨハン・ロックストロームを審査員に迎えて、気候危機ジャーナリスト賞を設立する、というニュースの意味は大きいと思いました。

swelog.miraioffice.com

あと、先週のweekendの個人情報の記事を読んでいただいた方には、「頭の中身は秘密にしておきたい」というこちらのブログ記事👇もぜひ読んでいただければ。

スウェーデンに暮らす私たちは、個人の属性情報が世の中に出回っていることにはけっこう慣れているけれども、それでも自分の頭の中身を勝手に覗かれて情報を集められることは嫌う、という調査結果のことを書いています。

swelog.miraioffice.com

それ以外はワクチン、アルコール依存症、ツイッターと6G(!)のニュースが続きました。

swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com

今週のテーマ・パンデミックで変化したメディアとコンテンツ視聴

さて、今週はパンデミックの中、私たちはどんなメディアに接して、どんなコンテンツとつきあっていたのか、その潮流をみていきたいと思います。取り上げるデータの主なものは、スウェーデンでメディア、広告、マーケティングなどのニュースをデイリーで伝えている『Dagens Madia(今日のメディア)』の記事を参照しています。

私は日本では広告代理店やコンテンツ企業(ちょっとイヤな感じの言葉だな、すみません🥺 電通とディズニーです)で働いた経験があり、業界情報としてどんなニュースがあるかに関してはおおよその見当がつきます。

Dagens Mediaのニュースは早くて、かつ結構深堀り。生々しい数字がバンバンでてきます。また「会社」を扱った記事ばかりではなく、こちらでは広告業界に限らずニュースに携わるジャーナリストも転職が多いので、誰がどんな記事を書いたかとか、誰がどんな企画で成功したかなど、人の名前を前面に打ち出したニュース 記事が多いといった印象をうけています。

さて、パンデミック下で目立ったのはいわゆる新聞社の底力だったと思いますが(新聞社の売上はもちろん紙よりデジタルが伸びています)私が一番あれ!と思ったのはオーディオブックの売上でした。通勤する時間が減っても伸びてる? それに「パズル」も!

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする
nr10. スウェーデンの「政治家」
10号を記念してニュースレターの構成を少し変更して「今週のフィーカ話」と「今週の推し」のコーナーを作りました。メインテー...
誰でも
nr9. 女性と年金・スウェーデンの場合
先日父が他界して、一人で暮らすことになった母の生活に触れ、改めて高齢者の生活を支える「年金」について思いを馳せる機会を得...
読者限定
nr8. スウェーデンのカルバアドヒュース・ベスト10
長引くコロナ生活で、私のカルバアドヒュース・寒冷浴場活動(人呼んで「カル活」😅)も長らく封印されていましたが、今週はあち...
読者限定
nr7. 「Colive」はスウェーデンの若者の住み方と賃貸市場を変え...
肌で感じる住宅問題と言えば、日本では空き家、そしてスウェーデンでは若者向けの賃貸住宅市場の貧弱さだ。その賃貸市場のあり方...
誰でも
nr6. 競泳選手と生理の赤い血。タブーをやぶるスウェーデンの水泳クラ...
女性アスリートや運動選手の日常にも毎月やってくる生理はつきもの。なのに対外的にはまるで生理なんてないかのようにに行動を強...
読者限定
nr5. 声がつくる未来。Voice-only-networks
スウェーデンではClubhouseの勢いが思ったほどでもなく、一方Youtubeで圧倒的な人気を誇るスウェーデンのトップ...
読者限定
nr4. ニュースレターSubstackバブルは本物か? スウェーデン...
今もYouTuberやインスタグラムのインフルエンサーの人気は衰えないが、ニュースレターやポッドキャストで稼ぐ新しいタイ...
読者限定
番外号・息と言葉の特別な一週間
今週は、2021年4月19日〜24日のswelogのスウェーデンのニュース記事と、この一週間のごく個人的な書き付けをお送...
読者限定