国民的文化作品リストは必要か?

右派連合による新政権は、スウェーデン文化を代表する作品を選んで発表したいと考えている。既にヨーロッパでは、国民的文学作品を選んでいる国も多いが、政府がお手本にしたいと考えているのは、どうやらそれよりも大掛かりなデンマークの事例のようだ
ブロムベリひろみ 2022.10.30
読者限定
新任のパリサ・リリエストランド文化大臣が土曜日のダーゲンス・ニュヘテルの一面に登場
新任のパリサ・リリエストランド文化大臣が土曜日のダーゲンス・ニュヘテルの一面に登場

この記事は無料で続きを読めます

続きは、8201文字あります。
  • 国民的文化作品リストは必要か?
  • 気候目標は、ほぼ達成できない
  • 27秒間の沈黙
  • 歴代環境大臣11人のプロテスト
  • 移民の求職活動でスウェーデン語能力がますます重要に
  • 映画批評の現在
  • 「国外に刑務所をつくるのはやめておけ」

すでに登録された方はこちらからログイン

この冬は何が違う?(コロナの話)
読者限定
「スウェーデン映画」の今とこれから
読者限定
社会の中の老いと病
読者限定
オーガニック食品の今
読者限定
もうひとつの薪問題
読者限定
アシタノオフィス
読者限定
スウェーデン歴代1位の映画はこれ! 映画ランキングと世相
読者限定
女性の権利拡大と若い男性
読者限定