名もなき家事、を再考する

今月スウェーデンで出版された「名もなき家事」を取り上げた本によると、スウェーデンの家庭でも、多くは名もない家事の大半を女性が一手に引き受けており、また家族がうまく日常を切り抜いていくために必要なプロジェクトマネジメントの役割も引き受けている。そしてそのために多くの女性、そして母たちは、ストレスに押しつぶされ、疲れ切っている。さて、この本のアドバイスはどんなものか?
ブロムベリひろみ 2023.01.22
読者限定
北欧通信 92
北欧通信 92

この記事は無料で続きを読めます

続きは、10750文字あります。
  • 名もなき家事、を再考する
  • 『ノースマン』にみる、スウェーデンと日本の映画宣伝の大きな違い
  • ためこみ症、スウェーデンのゴミ屋敷
  • すみません、ここまで高かったのか、一軒家の人の電気代
  • 「あなたがEコマースで返品した服は捨てられると思え」
  • 電力をめぐる危機と好機
  • 底辺の戦い? 円とクローナ
  • 今週のスウェ勉とその周辺②

すでに登録された方はこちらからログイン

銃撃事件と社会に蔓延するドラッグ問題は、「恥」で解決できるのか?
読者限定
高齢者施設での性生活を考える
読者限定
北欧通信 2023 (swelog weekend改め)
読者限定
どこへ向かうスウェーデン
誰でも
寒冷浴の季節
読者限定
ギャング団と犯罪小説
誰でも
この冬は何が違う?(コロナの話)
読者限定
「スウェーデン映画」の今とこれから
誰でも