今こそ『ファクトフルネス』。世界でよくなったこと

根拠のないネガティブなものの見方はやめ、データを基に世界を正しく見ようと教えてくれた『ファクトフルネス』が日本でもベストセラーになったのはほんの数年前だが、それからパンデミックが来て、気候変動問題は深刻化し、世界平和が訪れるどころか戦争や紛争は激化するばかり。世界でよくなったことはあるのだろうか?
ブロムベリひろみ 2023.12.10
読者限定
北欧通信 130

北欧通信 130

この記事は無料で続きを読めます

続きは、10083文字あります。
  • 今こそ『ファクトフルネス』。世界でよくなったこと
  • 39巻、3万3111ページ、107キロのスウェーデン語辞典、140年の歳月を経て完成、の舞台裏
  • ロシアからの情報戦の激化、治安情勢の悪化の中で、自分の「ちょっと変だな」の感覚を信じる
  • 嫌な予感しかしない、スウェーデンとアメリカとの防衛協力協定
  • スウェーデン最大の環境スキャンダル、カリンゲのPFAS訴訟で住民側が最高裁で勝訴
  • ビデオ会議の労働環境
  • テロの危険とノーベル賞授賞式

すでに登録された方はこちら

読者限定
白樺からゴム
読者限定
減り続ける女性経営陣と、H&Mの今
読者限定
無人スーパー、無人図書館、無人ジム
読者限定
スウェーデンの小さな村は、どのように"三方よし"の訪問介護サービスを提...
読者限定
子どものためのスポーツ用品無償貸出「レジャーバンク」
読者限定
ハマーショルド
読者限定
ゲームの世界で右翼過激主義が広がる仕組み
読者限定
インフルエンサー必殺監視人