nr6. 競泳選手と生理の赤い血。タブーをやぶるスウェーデンの水泳クラブ

女性アスリートや運動選手の日常にも毎月やってくる生理はつきもの。なのに対外的にはまるで生理なんてないかのようにに行動を強いられる人も多い。タイトな水着で飛び込み台に立つ水泳選手の「血が漏れていたらどうしよう」という恐怖を、生理をもっとオープンにすることで対処しようとするスウェーデンの水泳クラブの例を紹介します。
ブロムベリひろみ
2021.05.16
読者限定

昨夜コペンハーゲンのカストロップ空港に到着し、迅速コロナテストのために作られた特別ターミナルへと、飛行機からバスで到着したのが22時30分。短い列に並んでパスポートをスキャンされた後、テスト用綿棒がはいったキットを渡され、それを持ってテスト技師のいるキャビネットへと進み、両方の鼻の穴にぐいぐいと細長い綿棒を突っ込まれて「2階で15分ほどテスト結果を待ってください」と言われたのが22時40分。

きっちり15分後の22時55分には私のパスポートの番号も検査担当医師の署名もはいった抗体検査結果陰性の紙の証明書を1枚渡されました。むっちゃ、早い! 

これがデンマークが一日10億円かけてやっている徹底的なコロナ検査の一環か! デンマークの携帯電話番号を持っている人たちは、書面ではなく携帯電話で結果を受け取っていました。(デンマークがコロナ検査にかけている費用については先週書いたこちらの記事をどうぞ👇)

swelog.miraioffice.com

その後預けていたスーツケースをピックアップして、スウェーデン行きの電車に乗った後は国境の駅Hyllieでいつもと同じパスポートコントロールがあったくらいで、新型コロナによる隔離やこの先の検査に関する情報は、スウェーデン側からはまったく受け取ることのないまま自宅に到着。

このまま隔離生活にはいったり検査に申し込んだりするのは、まったく自主的に行うという理解であっているのだろうか? 私はネットで情報を探したけど、それをやっていなければ隔離とか検査とか、まったくそんな情報は入ってこなかったんだけど🤔

関西空港到着時は、追跡アプリを担当の人たちと一緒にスマホに入れたりその動作確認をしたり、スカイプで話せるかの確認もして、山のような説明の用紙も渡された。この違いはなんなんだ! (でもここまでやっている日本の水際対策がちゃんと機能しているのか疑問っていう記事も、昨日読んだばかり😱)

ともかく、こんな大変な状況の中、日本まで行って無事にまたスウェーデンに戻れたことを私は感謝すべきですね。

しかし、日本からアムステルダムまでの飛行機は行きと同様とても空いていたけれど、アムステルダムからコペンハーゲンの飛行機は機体が小さかったこともあるのでしょうが、満席でしたよ! ワクチン接種済の人たちもちょっといましたが。

うーん、率直にいって、もう混んだ飛行機には乗りたくないなぁ。

関西空港は驚くほど人がいなくてとても閑散としていました
関西空港は驚くほど人がいなくてとても閑散としていました

2021年5月10日〜5月15日のニュース

さて、一方日本で過ごした最後の一週間の間もコツコツ(?)アップしていたswelogの記事たちはこんな感じ👇でした。毎日基本的にニュースの表題をざっと眺めて、これは詳しく読んでみたいと思った記事を取り上げています。

今週も、血液型でわかる疾患のことやら、「気候心理学者」やら、男性からの性的被害をSNSで公開する手段に訴えて、逆に名誉毀損で訴えられて有罪になった女性たちのことから、インフルエンサーと失業保険の関係や、そしてスウェーデンで最初のLBGTQのデモが行われて50年たったという話題まで様々なものを取り上げました。

これらの記事はswelog のブログサイトに行っていただければ毎日更新したものを読んでいただけますが、このニュースレターを無料購読をしていただくと、一週間の記事へのリンクをまとめたこんなニュースレターを毎週日曜日にお届けします。登録はメルアドを記入していただくだけです。よかったらどうぞ!

swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com
swelog.miraioffice.com

 私は今週の記事の中では、このすぐ下の「自身の個人情報の取り扱いのコントロール」の問題にぐっと注目してます。この先も、この議論がどう進んでいくのかをしっかり追いかけていきたいと思います。

swelog.miraioffice.com

今週のテーマ・競泳選手と生理の赤い血。タブーをやぶるスウェーデンの水泳クラブ

さて、今週のテーマとしては、ちょっと自分でも「私もそういう視点が欠けていたのでは?」と思った、女性スポーツ選手と生理の問題を取り上げたいと思います。スウェーデンのSpårvägenというトップ選手を輩出するエリート水泳クラブでの生理を取り巻く新しい取り組みが報道されていたので、こちらをご紹介します。

このニュースレターの「今週のテーマ」部分は、下記の無料購読ボタンからメールアドレスを登録していただくとこのサイト上でも簡単に読めるようになります。そしてご購読いただくと、来週から毎週日曜日にこのようなニュースレターが届きます😊

「生理があるということは、恥ずかしいことではないはず」と訴えるのは、Spårvägen水泳クラブに所属する17歳のモーア・アルベヘッドさん。

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする
ニュースとジェンダー
夏の雑誌 / 五輪と気候でモヤモヤ / ニュースとジェンダー / グースベリー
読者限定
投資されない女たち
ジャンク断ち(食べ物とSNS) / 異常気象が通常に? / 投資されない女たち / minú・ヴィーガンスイーツとヴィー...
読者限定
ユーモアで政治を変えたアストリッド・リンドグレーン
歯医者 (Tandläkare) / 「事件」のニュース /ユーモアで政治を変えたアストリッド・リンドグレーン / ブ...
読者限定
国の評判、悪評判
夏休み (Semester) / 警官銃殺事件で二歩下がる / 国の評判、悪評判 / 『こどもサピエンス史』『コミ...
誰でも
オンブズマンにまつわる誤解
いちご(Jordgubbar) / 首相への不信任決議から解散選挙か? / オンブズマンにまつわる誤解 / 地コンブチャ...
誰でも
ポルノと性教育
外食(Äta ute) / 首相への不信任案 / ポルノと性教育/ ヴェロニカ・マッジオ
読者限定
nr10. 政治家って短期集中型でいいんじゃないか?
さて、今週はスウェーデンの「政治家」について思っていることを書いてみたいと思います。日本とスウェーデンでは状況も違うし、...
誰でも
nr9. 女性と年金・スウェーデンの場合
先日父が他界して、一人で暮らすことになった母の生活に触れ、改めて高齢者の生活を支える「年金」について思いを馳せる機会を得...
読者限定