認知症の親と監視カメラ。ホームヘルパーの人権と職場環境問題

監視カメラはほとんどの場合で安心安全な環境の提供に役立っているが、人にはむやみやたらに監視されないという権利もある。今週の北欧通信は、ホームヘルパーの職場である、個人の家で使用される監視カメラをめぐる問題について
ブロムベリひろみ 2023.04.30
読者限定
北欧通信 106

北欧通信 106

  • 認知症の親と監視カメラ。ホームヘルパーの人権と職場環境問題

  • 不安な時代の出版傾向

  • 犬のプラダちゃんは太り過ぎで、ペット痩身コースを利用中

  • AI保護者

  • プーチンのスパイ

  • 世界でも特出するスウェーデンやフィンランドの防衛費の伸び

  • 私たちはなぜヘラジカスローテレビにひきつけられるのか

認知症の親と監視カメラ。ホームヘルパーの人権と職場環境問題

この記事は無料で続きを読めます

続きは、7303文字あります。
  • 不安な時代の出版傾向
  • 犬のプラダちゃんは太り過ぎで、ペット痩身コースを利用中
  • AI保護者
  • プーチンのスパイ
  • 世界でも特出するスウェーデンやフィンランドの防衛費の伸び
  • 私たちはなぜヘラジカスローテレビにひきつけられるのか

すでに登録された方はこちら

読者限定
白樺からゴム
読者限定
減り続ける女性経営陣と、H&Mの今
読者限定
無人スーパー、無人図書館、無人ジム
読者限定
スウェーデンの小さな村は、どのように"三方よし"の訪問介護サービスを提...
読者限定
子どものためのスポーツ用品無償貸出「レジャーバンク」
読者限定
ハマーショルド
読者限定
ゲームの世界で右翼過激主義が広がる仕組み
読者限定
今こそ『ファクトフルネス』。世界でよくなったこと